こんにちは。サービスの久保です。

今回はダットサントラックの水漏れ修理です。

お客様から水温計がどんどん上がっていくとの事でご来店頂きました。

まず、冷却水が入っているか確認したところ、サブタンクにもラジエーターにも冷却水がほとんど入っていませんでした^^;

冷却水はエンジンを冷やすためにとても重要な役割をしています!

冷却水が無くなるとオーバーヒートといってエンジンが耐えきれない熱を持ってしまい、最悪エンジンが壊れてしまいます。

そうなるとエンジン載せ替えになり高い修理金額になってしまいます…嫌ですよね^^;

 

では、そうならない為にどこから水漏れしているか確認していきます!

まず目視でラジエーターやホースから漏れていないか見ていきます。

ラジエーターやホースは大丈夫そうです。

 

目視で分からない時はラジエーター&キャッテスターを使用し規定圧力までかけます!!

どこから漏れてくるか圧力をかけながら見ていきます~

数分でこんなに漏れてきました^^;

鏡を使ったり、車の下に入って確認します。

鏡を使ってウォーターポンプの下を見ると、水抜き穴から冷却水が漏れてきてます…

このウォーターポンプのシャフトシールがダメになって水が漏れてきてます。

 

なぜウォーターポンプに水抜き穴が取り付けられているかご存じですか??

実はシャフトシールから冷却水が漏れてウォーターポンプ内のベアリングに水が入り、錆などでウォーターポンプがロックしないように、水抜き穴が設けられています。

 

このシャフトシールから漏れる原因としては、シールの劣化はもちろん、冷却水の交換を怠ってもなります。

冷却水の汚れによるサビやゴミなどがシールを痛めます^^;

 

ウォーターポンプも決して安くないです。

なので、2年毎に冷却水を交換オススメの車両は二次被害防止の為に交換した方がいいですよね!

 

すぐ取り外せました!

新旧の比較です。

元のポンプは液体ガスケットで取り付けるようになってたんですが、新しいポンプは紙ガスケットでした。

ウォーターポンプの当り面をオイルストーンで磨いて取り付けます。

あとは、復元して水を入れてエア抜きして他に水漏れが無いか確認して終わりになります。

 

冷却水漏れ修理は滋賀県東近江市にあるマスターピースまで~

 

こちらでも修理などの内容を紹介しています。

https://www.goo-net.com/pit/shop/0710074/top

☆近畿運輸局認証整備工場
☆損保ジャパン日本興亜(株)代理店
☆国産車・輸入車販売・買取・車検・整備・カスタム・鈑金塗装・自動車保険・雑貨販売・輸入雑貨仕入れ

527−0091
滋賀県東近江市小脇町1801−1
合同会社MASTERPIECE
tel 0748-25-1860
fax 0748-25-1861
mail hello@master–piece.com

Store Info

合同会社 MASTERPIECE
営業時間: 10:00 – 20:00
定休日: 日・祝日
TEL 0748-25-1860 / FAX 0748-25-1861
〒527-0091 滋賀県東近江市小脇町1801-1
Google Maps