こんにちは。サービスの久保です。

今回は昭和57年8月登録のトヨタ パブリカ(トラック)KP39 エンジン型式 4Kの冷却水漏れの修理になります。

まず冷却水漏れはやっぱりラジエーターから来てました^^;

前回の78プラドとは違ってアッパータンクが真鍮なのですが、真鍮が経年劣化でヒビが入り水漏れしてました。

でも今回はオーバーヒートとかではなく、お客様から助手席の足元が濡れている…という事でご入庫頂きました。

確認するとヒーターバルブ(室内のヒーターコアに入れる冷却水の流量を変えている部品)より水漏れしてました。

早速取り外していきたいのですが、古い車は新品部品がほとんど無く、どのように修理するか検討するところからスタートです^^;

色々な所に連絡をし、ラジエーターと念の為ヒーターコアを滋賀県湖南市にある北野ラジエーターさんに修理のお願いをしました!

ヒーターバルブは愛知県豊橋市にある三協ラジエーターさんの方に修理をお願いしました。

 

取り外しはとても簡単でエンジンルームも室内もスカスカなので整備はしやすいですね!

ラジエーターはボルト4本で止まっているので簡単です!

ヒーターユニットも降ろし、分解してヒーターコアを取り外しました。

ヒーターコアもなかなか年季の入った感じです(笑)

問題のヒーターバルブは真ん中の軸の付け根から漏れていました。

中のOリングの劣化です^^;

北野ラジエーターさんには作業途中の写真を送って頂きました!

これは職人ですね!!

 

ヒーターバルブは中の軸ごと交換してもらいました。

あとは組みつけて冷却水漏れがないか確認して終わりになります。

 

今回北野ラジエーターさんや三協ラジエーターさんには色々無理を聞いて頂きました^^;

ありがとうございました!

 

北野ラジエーターさんのインスタグラムです!

http://www.instagram.com/kitano_radiator/

 

 

古い車、旧車の水漏れ修理は滋賀県のマスターピースまで~

 

こちらで修理などの内容を紹介しています。

https://www.goo-net.com/pit/shop/0710074/top

☆近畿運輸局認証整備工場
☆損保ジャパン日本興亜(株)代理店
☆国産車・輸入車販売・買取・車検・整備・カスタム・鈑金塗装・自動車保険・雑貨販売・輸入雑貨仕入れ

527−0091
滋賀県東近江市小脇町1801−1
合同会社MASTERPIECE
tel 0748-25-1860
fax 0748-25-1861
mail hello@master–piece.com