どうも麻原です!!

 

実は最近法人成りする事ができました!!

 

これは本当に皆さまのお陰であります。

 

これからも頑張っていきます!!

 

さて、今日のブログはですね、、、、

 

Z31、フェアレディZです!!

 

オイル漏れが酷いとのことでご入庫いただきましたら、オイル漏れ診断が正直難しい事があります。

 

今回はミッションや、オイルパンが酷くオイルが付着していたので

 

おそらくオイルパンと、リアのクランクシールではないかな

 

と思っていたのですが、それだけで済むわけもないだろう…と相談したりしていました。

 

ここまで漏れてくると駐車場にも滴って下に跡ができたりします。

 

外観から眺めているだけではどこから漏れているのかよくわからないためとりあえず降ろしていきます。

 

 

 

ミッションを降ろしたところの写真になります。

 

写真の通りかなりやばいですw

 

写真ではミッション本体がしっとりしていますが水で洗ったりしたわけではなく全てオイル漏れによる光沢になりますw

 

簡単にミッションが降りてるように見えますが実はマフラーを全て外さないと抜けない仕様なので案外大変です…

 

久しぶり?のFR車両なのでトランスファーがなくて軽いのが唯一の救いです。

 

しかもスペースもかなりあったので脱着自体は楽ですね!

 

クラッチの写真です。

 

ダストはあまり出てないかな?といった感じですが、金属自体は年季を感じます。

 

クラッチ、フライホイールを取り外した後になります。

 

クランクシールからの漏れは少ないですがオイルパンからの漏れがなかなか…

 

お客様と相談の上、オイルパンガスケットも交換することになりました。

 

オイルパンガスケットなんかオイルパン外してガスケット塗り塗りして楽勝やろ〜と思っていましたが

 

そんなに世の中甘くなかったです。

 

結局フロントメンバーを外す羽目になりました…

 

とりあえず一旦ミッションの清掃やら修復を進めます。

 

ミッションの内側の写真になります。

 

写真ではわかりづらいですが、ミッション本体からもかなりオイルが漏れています。

 

このオイル、実はMTトランスミッションオイルなんです。

 

ミッションの奥に12mmのボルトで止まっている部品がありますが、ここのガスケットが劣化してミッション側から漏れてきています。

 

この部分も修理します。

 

近くで撮った写真になります。

 

かなりガスケットが劣化しています。

 

このように古い車などは一か所のみの不具合ではなく実際はいくつかの不具合が重なったりして起こるトラブルや漏れなどがあります。

 

実際に外してみないとわからなかったりするのですが、外した時はそこだけの修理ではなくどうせ外したなら、アレとこれとそれも…

 

といった具合に交換していくとみるみるうちに費用が嵩んでいきます。

 

ですが後々のカーライフのことを考えると一緒に交換してしまうことをお勧めします。

 

もちろん予算などもあったりする方もおられますので作業内容は要相談にさせていただいております。

 

 

しっかりと養生してミッション本体も洗浄していきます。

 

修理する時はできるだけきれいにしてお返しさせていただいております。

 

見えない部分であっても洗浄したり掃除しておくとスッキリした気持ちになります(多分…)

 

今回のブログはここまでになります。

 

次回Part2では取り付け、組み立て編になると思います。

 

現在部品入荷待ちですので暫しお待ちください!