明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

こんにちは。サービスの久保です。

スカイライン R31 GTS-Rのクラッチ交換です!

今回クラッチディスクが消耗して滑っての交換ではなく、レリーズベアリングと言うクラッチを切ったり、繋げたりする部品の異音で、症状はクラッチを切るとシャーっと音がするとの事で、ご入庫頂きました。

早速ミッションを取り外していきます~

シフトレバーやプロペラシャフト、スターターモータなどを外していきます。

シフトブーツは破れてしまってミッションオイルが滲んでいます…

当然新品に交換します!

 

スターターの交換ですが、バルクヘッドとエンジンの隙間から工具を入れてスターター上側のボルトを緩めて取り外します^^;

なかなか見えないんですよね(笑)

そして今回はスターターをリビルトに交換です~!

年季の入ったスターターですねw

 

外側だけでは正常に見えますが…

クラッチオペもフルードが漏れていてサビが出ているので交換です。

 

あっと言う間にミッションの取り外しができました(笑)

途中経過が無いのですが、ボルトを外して抜くだけですw

クラッチ本体が見えました~

シフト側はオイル漏れが酷いですね^^;

しっかり清掃したいと思います!

 

これが異音の原因のレリーズベアリングです!

取り外して回すとやはり、ベアリングが死んでいました^^;

古いベアリングをプレスで抜いて、新品のベアリングを圧入します。

ベアリングの形状が全然違います。

純正部品を取っているので間違いはないのですが、対策部品か32,33などと兼用になっている?かもです^^;

 

あとは、フライホイール、クラッチディスク、クラッチカバーを交換します!

今回取付したクラッチは、ORC(小倉クラッチ)を使用しました!

フライホイールは軽量フライホイールで、純正より20%~40%軽くしてあります。

もっと軽量化ができるのですが、アイドリングが不安定になったりします^^;

(軽量化することによってレスポンスアップなどいい面もたくさんあります)

今回、お客様と話をして町乗りでも快適に乗れるぐらいでと言うことで小倉クラッチを選びました。

フライホイールも取り付け・・・

心出しもして取り付け完成です(笑)

(当然ながらパイロットブッシュ・リアクランクシールも交換してます)

ミッション内のカバーのガスケットとシールも交換し内部からの漏れも無いようにします~

ミッションケースの内も外もしっかり洗浄して綺麗な状態で組付けます!!

一通り組付けが終わりました!

ミッションマウントなども交換しました。

完全に潰れてますね^^;

 

今回クラッチ交換には関係は無いのですが、O2センサーやアイドラプーリーなども一緒に交換しました。

アイドラプーリーは良くベアリングがダメになってこれも異音の原因です…

 

全ての作業が終わった後しっかり試走をして異常が無いか確認してお返ししました!

 

スカイランのクラッチ交換・整備は滋賀県東近江市にあるマスターピースまで~

 

今回の車両

車両:日産 スカイライン R31

年式:1987年11月

型式:E-HR31

エンジン型式:RB20

グレード:GTS-R

 

こちらでも修理などの内容を紹介しています。

https://www.goo-net.com/pit/shop/0710074/top

☆近畿運輸局認証整備工場
☆損保ジャパン日本興亜(株)代理店
☆国産車・輸入車販売・買取・車検・整備・カスタム・鈑金塗装・自動車保険・雑貨販売・輸入雑貨仕入れ

527−0091
滋賀県東近江市小脇町1801−1
合同会社MASTERPIECE
tel 0748-25-1860
fax 0748-25-1861
mail hello@master–piece.com